エポキシボードを比較 アルメリック

◆ アルメリックでは4パターンのEPS仕様​を用意しています。

ブランド アルメリック
EPS仕様名 1)EPS
特徴 見た目は通常のボードのようにストリンガーがあるタイプ。
オーストラリア産
EPS
EPS仕様名 2)スパインテック
特徴 EPSフォームのデッキ中央にストリンガーに代わる新素材スパインを埋め込む事でフレックス性能を高めた仕様。デッキ面にはスパインの両サイド、ボトム面にもカーボンテープを施すことで強度とフレックスのバランスを保っています。スパインテックは弾性エネルギーをボードに溜め込み、そのエネルギーを放出する際に引き出されるドライブ・スピード・パワーとフローを体感できます。オーストラリア産カスタムにて承ります。

 

*モデルによりテールパッチ、ボトムカーボンの仕様が異なります。

EPS仕様名 3)サーフテック TLPC
特徴 機械生産されるモールドボード。
EPSコアフォームに何層にもエポキシラミネートをすることで軽量且つ耐久性に優れた強度のあるボードに仕上がっています。ファイバーグラスTストリンガーに加え、カーボンフレックスパネルを施すことでフレックス性能を生み出しています。 サーフボードの必要な適度なシナリと反発を実現。仕上げを白く塗装しますので日焼けによる黄ばみを抑えてくれます。
中国産
EPS
EPS仕様名 4)フュージョン デュアルコア 
特徴 EPSフォーム両面中央にカーボンストリンガーを採用することで強度を増し、EPS独自のなりからの反発力をスムーズにパフォーマンスへ活かせるボードに仕上がりまた。また両サイドレールにPUを採用することでレールが入れやすく、ターンコントロールがよく効きます。EPSとPUの良いとこ取りのデュアルコアは、浮力とコントロールの絶妙なバランスが体感できる仕様です。 タイ産