色付け、仕上げの違い

色付け

サーフボードに色付けする場合には様々な方法とその特徴があります。  

1)フォームブラシ/スプレー
2)レジンティント
3)ピグメント
4)ペイント

日焼け防止に効果のある対策方法の順:
ボード完成後のペイント → ピグメント → レジンティント → フォームブラシ/スプレー

それぞれの特徴をご紹介いたします。
お好みの仕上がりに近い仕様をお選びくださいませ。

1フォームスプレー

シェイプされたフォームに直接カラーをのせてから樹脂でコーティングする加工です。
樹脂(ラミネート)の下に色が付きますので摩擦等で剥げる心配がありません。

レールのみ等、細かなカラー配置、及びベタ塗りやブラシといった風合いもご指定可能です。


*レールブラシ単色

*レールブラシ複数色

 
*両面全体フォームブラシ単色

 
*画像の赤と黒はフォームブラシ。白部分はカラーなし、クリア仕上げ。

薄いカラーですと使用年月とともに進む樹脂の日焼けにより色味が異なって見えてくることもございます。
PU,EPSどちらにも加工可能です。

フォームカラーの上にロゴやテールパッチが追加されるため、ご指定色によってはクロス重なり部分、ロゴの縁取り等は色が薄く浮き出ることがございます。

 

2 レジンティント

樹脂自体にカラーを混ぜてボードに色を付ける加工です。
 
 
*両面ティントカットラップ (単色)


*左:両面ティントカットラップ (単色) 右:片面ティントカットラップ(単色)

一番の特徴は透明感ある仕上がり。ストリンガーも透けて見えます。
クロスの重なり部分はカラー樹脂が重なるためレールやフィン周りはより濃く仕上がります。
単色指定でもレールやフィン周りなど、クロスの重なる部分はより色合いが濃く仕上がります。
*2色以上を使ったマーブル等は事前にお問い合わせください。
*EPSの場合フォームとの相性から加工をお断りすることがございます。

 

3 ピグメント

樹脂の透明感が無くなるまで顔料を混ぜ、色付けします。
通常のクリア仕上げでは見ることの出来ないクロス繊維の目が見える質感です。
レジンティントのような透明感はなく、指定する色によりますが、ストリンガーは見えません。
ティントカラーより顔料の分重量が増します。

 
*片面ピグメントカットラップ仕上げ(単色)

  
*クリックで拡大するとクロスの目が確認出来ます。

 

レジンティント、ピグメントにはレールの色付け方法が2種類、「カットラップ」「フリーラップ」があります。

〜カットラップ〜
色を乗せる部分もクロスと合わせ綺麗に処理する


*片面ティントカットラップ加工(マーブル)

〜フリーラップ〜
色乗せのはラフに仕上げる

 
*片面ティントフリーラップ加工 (単色)

ラップ、クロスの巻き込みは両方とも綺麗に処理されます。
色を乗せる部分もクロスと合わせ綺麗に処理する(カットラップ)か、色乗せのはラフに仕上げる(フリーラップ)が異なる点です。

 

4 ペイント

デザイン性に凝ったカラーはラミネートの上から仕上げることをお勧めします。
色の濃淡やラインがフォームカラーよりシャープに表現されます。
ご使用中の摩擦によりペイントが剥がれてくることもございます。

 

 
フィン周りやラインのカラーの境目が鮮明に確認できます。均一でマットな仕上がりです。

色味はコチラのチャートからご希望に近いものをご指定ください。

仕上げ

ポリッシュ

ボードに艶、光沢を持たす仕上げです。輝きが増し更にカスタマイズ感が出ます。
レール、片面のみもご指定可能ですが、加工面積に比例して重量も増します。
ご希望の場合は事前にお問い合わせください。


*デッキティント+ポリッシュ+ピンライン入り


*デッキティント+ポリッシュ