FCS2(FCSⅡ)フィンについて

FCS2(FCSⅡ)は、FCSの最新フィンシステムです。

ワンタッチで着脱が可能ですので、従来のFCSフィンのように
ネジで固定する必要がありません。

 

また、従来のフィンカップに比べ軽量で耐久性能が高いとされており
フレックス性も高く、FCS2専用フィンも豊富にあることから
最近では、多くのサーファーがこのFCS2フィン装着のボードを使用しています。

 

またFCS2プラグには、インフィルキットフィンネジを使用することで、
従来のFCSフィンも装着することができます。

 

▼FCS2フィンの取り付け方のコツ

FCS2はネジ無しで装着するように作られているため、
通常のフィンプラグに比べて、かなりタイトにできています。

fcs203

取り外しには力を必要としますが、力の入れ方のコツさえ分かればスムーズにできると思います。
フック部分を起点にしてフィンを差し込み、または引き抜きます。
この時、フック部分に隙間をつくらないようにするのがポイントです。

 

FCS2フィンシステムの公式動画はこちらを御覧ください。

 

▼フィンを取り外しできない時の対処法

1)フィンがネジ止めされている場合、ネジを抜き取ります。
シリコングリース等の潤滑剤をネジ穴、フィンが固定されている部分に吹き付けます。

2)フィンの前部、後部を交互にトンカチ等で小突く。
潮や砂の固まりをなくします。

3)ネジ穴よりも細いドライバーを利用し、ネジ穴からフィンを浮かせていく。

4)ボードを足元に置き、ボードがぐらつかないように足で固定。
後部部分を赤矢印方向に、グッと引き上げてください。

 

▼ネジが回らないときの対処法

1)ネジ回しは古いものを使用されていませんか。
ネジ回しの山の角が使用経過と共になくなり、ネジ溝の山を舐める可能性がございます。

2)ネジ回しをそのバカネジに合わせ、トンカチで数回ネジ回しを叩くと
スルッとネジが回ることがあります。

3)適正サイズよりも1サイズ大きい六角レンチで上記をしてみる。

4)ねじ山を大きいマイナスドライバーで叩いて、ねじ山がマイナス状になったらマイナスドライバーで回す。

5)ネジの取れない時に役立つ道具「Ez-out」を使用する

ご利用ガイド