オーストラリア産サーフボード

サーフィン大国オーストラリアだからこそ、高品質で種類も豊富なサーフボード

オーストラリアは世界でも有数のサーフスポットが集まるサーフィンのメッカです。
オーストラリア大陸の東側は太平洋、西海岸はインド洋、そして南海岸は南極海に囲まれ、ベストな自然環境により年間を通じてコンスタントにパワフルなウェーブが生み出されます。
また、温暖な気候も手伝ってか、毎年、世界中から多くのサーファーがグッドウェーブを求めてオーストラリアにやってきます。まさにサーファーズ・パラダイスと呼ばれる所以がここにあります。

オーストラリアの海

オーストラリアには世界でも有数なサーフスポットがたくさんあります。
毎年、ASPの世界大会も行われるゴールドコーストのスナッパーロックスやビクトリア州のベルズビーチは特に有名で、その他にも、バーレーヘッズやバイロンベイ、シドニー近郊のマンリー、ウエストオーストラリアのマーガレットリバーなど挙げればキリがないほどで、その他にも無数のビーチがあり、はじめたばかりのビギナーサーファーからプロサーファーまでサーフィンを楽しめる環境が整っています。

オーストラリアのサーフポイント

オーストラリアでサーフィンをして感じることは、ここではサーフィンが年齢を問わず愛されているスポーツだということです。
小さな子供からご年配の方々がそれぞれの楽しみ方で波サーフィンをしています。

サーファー 老若男女 サーファー 老若男女

サーファー 老若男女

また、生まれた時から近くにビーチがあるという環境ですからサーファーの層も厚く、今まで多くのプロサーファーがオーストラリアから誕生したのも納得できます。
有名どころではワールドシリーズでチャンピオンにもなったミック・ファニングやパーコことジョエル・パーキンソンもオーストラリア出身のプロサーファーですね。

また、サーフィンをはじめとしたマリンスポーツが地域のコミュニティの一部として存在しており、例えばビーチには必ずといっていいほどサーフクラブ(ライフガードの施設)があり、バルコニー付きのレストランなども併設され、週末は多くの人で賑わいます。

サーフクラブ

サーフィンがスポーツ文化として根付いているオーストラリアには数多くのサーフボードファクトリーがあります。
有名ブランドのファクトリーはもちろんのこと、地元のサーファーに支持されているローカルブランドも含め多くのファクトリーがひしめき合っており、ここゴールドコーストだけでも、JS、DHD、DMS、JR、SUPERBRANDなど、日本でも人気のあるブランドのファクトリーがひしめき合っています。

工場

多くのファクトリーがあり、各ブランドがいい意味で刺激を与え合っているため、そこで作られるボードの質やデザインが優れていることは言うまでもありません。
また、有名ブランド、ローカルブランドを問わず、多くのプロサーファーやチームライダーたちのフィードバックを受けて、改良に改良を重ねて仕上げられたボードは、非常に完成度が高く、地元だけでなく世界中のサーファーからのオーダーが途絶えません。もちろん日本のサーファーからも熱烈な支持を受けています。

こうしてオーストラリア製のボードの品質、性能、そして信頼度は年々高まっています。

また新品ボードだけでなく中古ボードの流通量も多く、コンディションの良い中古が格安で手に入るのもオーストラリアならでは。

日本のサーファーは1本のボードを長期間大事に乗られる方が多い反面、オーストラリアのサーファーは新品で買ったボードを少しでも自分に合わないと思ったら、わずか2,3ラウンドの使用で手放してしまうことも多く、これがコンディションの良い中古が手に入りやすい理由のひとつでもあります。

中古ボード

私共ボード屋は、オーストラリアの中でもサーフィンが最もさかんなゴールドコーストを拠点に、独自のネットワークを駆使し、
新品ボードはもちろんのこと、質の良い中古をどこよりも格安で販売させていただいております。大量に買い付けをし、1本当たりのコストを下げているため、他の店舗には負けない価格設定が実現できております。

また、ボード以外にかかる送料も格安に設定しております。(関東地方4,500円〜)オーストラリアから直接1本1本送るとなると発送コストが倍以上かかってしまうため、お客様にはなるべくご負担にならないよう日本の倉庫から直接お届けさせていただいております。

ボード屋は、どこにも負けない価格設定と在庫数をモットーに品質の優れたオーストラリアのボードの提供を行っております。
ぜひ一度、私どものホームページをご覧いただければ幸いです。

ブランドで選ぶ

ご利用ガイド