カスタムオーダー

自分好みの「オリジナル」ボードを手に入れるならカスタムオーダーがお勧めです。

ご要望に合わせたカスタムオーダーの方法をご紹介します。

パフォーマンス編  もっとパフォーマンスにキレを出したい。ドライブ感あふれるサーフィンがしたい

安定編 パドリングを早く、安定したテイクオフをしたい

強度編  壊れにくい丈夫なボードにしたい

デザイン 個性を出してオシャレなボードにしたい

 

パフォーマンス編

パフォーマンスにキレを出したり、ドライブ感あふれるサーフィンを目指すためのカスタム方法はいくつかの手段がございます。

それぞれ長所、短所をご理解の上ご希望の仕様決定の目安にして下さい。

 1)サイズを調整する

規定サイズから長さ、幅、厚みなど調整するでよりご自身の好みの仕様にカスタマイズ出来ます。モデルのコンセプト、特性を保つにためは基本サイズ3箇所のうち1,2箇所を微調整に抑えることをお勧めします。

*各モデルは独自の特性を活かすための試験を重ねたあと、最もバランスの良い状態を規定サイズとして発表されています。カスタムオーダーするのは既にそのモデルを持っている、または試乗した経験があり微調整の必要を感じている場合にお勧めしています。 体積値(CL)はサイズ選びに有効な情報ですが、あくまで目安として 基本はモデルの特徴、長さ、幅、厚みの4点から判断して下さい。その上でカスタマイズの必要があると判断される場合にはボードの長さ、幅、厚みのうち2点をご指定頂けますと、ご希望の体積値(CL)に近いサイズをご案内差し上げます。

 2)ボードを軽量化する

長所:グラッシング(ラミネート)をカスタマイズすることで、ボード自体を軽く取り回しが軽くなります。

短所:軽くなる分強度は劣り、フットマークが付きやすくなります。

ストリンガーの無いEPSのカスタムは構造上、出来ません。

チームグラッシング(一般的にライダーボードに用いられる仕様)と呼ばれる代表的な仕様(上から軽い順)  
  

A. 両面一層仕上げ

           

B. 両面一層 ・ デッキテール部分のみ二層

C. 両面一層 ・ デッキノーズ部分のみ一層

3)ロッカーのカスタマイズ

ノーズ、テールロッカーの指定が出来ます。ロッカーを上げると回転性が上がります。

4)レールのカスタマイズ

レールを落とすほどコントロールが軽く、早くなります。

 

安定編

安定性を上げる方法はいくつかございます。それぞれ長所、短所をご理解の上ご希望の仕様決定の目安にして下さい。

1)サイズを調整する

規定サイズから長さ、幅、厚みなど調整するでよりご自身の好みの仕様にカスタマイズ出来ます。モデルのコンセプト、特性を保つにためは基本サイズ3箇所のうち1,2箇所を微調整に抑えることをお勧めします。

*各モデルは独自の特性を活かすための試験を重ねたあと、最もバランスの良い状態を規定サイズとして発表されています。カスタムオーダーするのは既にそのモデルを持っている、または試乗した経験があり微調整の必要を感じている場合にお勧めしています。 体積値(CL)はサイズ選びに有効な情報ですが、あくまで目安として 基本はモデルの特徴、長さ、幅、厚みの4点から判断して下さい。その上でカスタマイズの必要があると判断される場合にはボードの長さ、幅、厚みのうち2点をご指定頂けますと、ご希望の体積値(CL)に近いサイズをご案内差し上げます。

2)ロッカーのカスタマイズ

ノーズ、テールロッカーの指定が出来ます。ロッカーを落とすと安定性が増します。


3)レールのカスタマイズ

レールのボリュームを出すことで、浮力が増します。

4)素材を変える

EPSフォームを仕様することにより体感するフロー(推進力)が上がります。 軽いボードを好み、フローを活かしたサーフィンを目指す場合EPSがお勧めです。その反面、軽過ぎる、レールを入れた反発が大き過ぎるなどEPSの特性を好まない場合にはPU,ポリウレタン素材をお勧めします。PU、EPS、素材によってサイズを変える必要はございません。EPSの特性はこちら

 

強度編

カスタムにてボードの強度をアップさせる方法は3点ございます。

 1)グラッシング(ラミネート)をカスタマイズ

一般的にグラッシングには厚み4オンスのガラスクロスが用いられています。厚みの増した6オンスへ変更、またはガラスクロスを多く巻くことでボードの強度は増します。グラッシングのボリュームが増える分ボードは重くなり、取り回し(軽さ、スピード、しなり)が犠牲になります。

強度重視のグラッシングはストロンググラッシングと呼ばれ、代表的な仕様はこちら

A. ボトム4オンス一層・デッキ6オンス一層+4オンス一層

B. ボトム6オンス一層・デッキ6オンス一層+4オンス一層 (ミッド〜ロングに適しています)

2)テールパッチ、カーボンストリップ

テールパッチ
サーフィンの時に踏み込むテール部分にガラス繊維やカーボン繊維をラミネートすることで強度を上げます。
        


カーボンストリップ

グラッシングの巻を増やすほどの強度は求められませんが、カーボンストリップを施すことによりフレックス(しなり)過ぎを抑えたり、フレックス(しなり)後の反発力を活したターンやスピードを可能にします。

3)EPS

エポキシレジン(樹脂)は通常の樹脂よりも遥かに硬度が上がりますが、EPSフォームはその素材の特徴としてPUに比べ凹みやすくなります。

 

 

デザイン編

見た目を自由に自分好みに変えれるのがカスタムの醍醐味でもあります。

色付けや仕上げの詳しい違いはこちらから

カスタムマイズ出来る項目は各ブランド異なりますので、専用ページよりご確認下さい。

当店のカスタム対応ブランド

DHD / JS / アルメリック / DMS  

 

〜注意事項〜

<お支払い方法>
「銀行振込」または「カード決済」に限り承ります。

<納期>
取り寄せまたはカスタムオーダーでご依頼される際に提示している納期はあくまで予定としての目安ですので、納期の確約をしているものではございません。 諸事情により納期が遅れる可能性があることを考慮に入れた上でご依頼下さい。

私共ではオーストラリアから日本へ航空便を利用してサーフボードの発送をしています。 大型連休(4月21日頃〜5月12日頃)、お盆(8月5日頃〜8月25日頃)、年末年始(12月15日頃〜1月15日頃)は航空便の予約に利用制限が掛かり発送は出来ません。

<連絡>
予定期限内の場合、当店から途中経過などのご連絡は差し上げていません。 ご依頼品が私共の手元に来て、検品が終わりお客様にお届けして問題なしと判断したものを写真を添えた上でご報告させていただきます。 この時点で明確な納期をお伝えしています。 予定納期期間を過ぎたものは都度メーカー確認していますので、メーカーの回答が得られ次第進捗状況をご報告申し上げます。

<キャンセル>
お客様理由によるキャンセルは20,000円のキャンセル料を申し受けます。

<免責事項>
ご希望されているモデル、サイズ、フィンタイプなどボードの基本仕様の相違は作り直し(納期が掛かります)やキャンセルが可能です。

ブランドディケールやモデルロゴの位置、色は指定してもほぼモデル標準位置で仕上がってくるため、オーダーフォームでは選択出来ないようにしています。 その他、フィンプラグの色、ブラシやティントなどの色、名前の記載等はご指定頂いた通り手配いたしますが、希望通りの仕上がりを確約出来ない<免責事項>としていることを予めご了承下さい。

免責事項であることを了承して頂いた上で、位置や色を指定する場合は備考欄にて記入していただくことで承ります。 ブランドディケールやモデルロゴの位置や色、フィンプラグの色、名前の記載の指定のためカスタムフィーをお支払い頂いている場合、指定と違った仕上がりにはカスタムフィーの返金を致します。