ミルン こぼれ話 Part2

今日は流れが強くなって、ハードなバーレー。

IMG_1068

砂を巻き上げてのバレル〜。

IMG_1069

さて、ミルンの続き。

ミルンのシェーパーアダムは現在、JSのシャーパーとして主にカスタムオーダーやチーム用、勿論ストックも日々シェイプしています。

 

そして、自身のブランドもシェイプしています。

 

ここに、トップクオリティながら価格を抑えられる秘密があるんです。

 

もし、自身のブランドだけのボード作成でやっていこうとすると、工場を借り従業員を雇い、としなくてはなりません。

 

そのコストを今のスタイルでは掛けなくて済んでるんです。

 

これがそのままボード価格に直結してきます。

 

私共ボード屋で、このミルンをほとんどプッシュしなくてもそこそこの(他のシェパーが聞いたらびっくりする数です)ご注文を既に頂いています。

 

最終的にはアダム本人の判断ですが、彼のビジネスと将来の展望など最近結構な時間話し合っています。

 

ただひとつ、私達の目的は素晴らしいボードを抑えた価格で日本のサーファーにお届けする橋渡しをすること。

これを肝に銘じなきゃ。

 

 

 

ご利用ガイド