フューチャーフィンについて

フューチャーフィンは取り外しのできるフィンながら、
よりオンフィンに近い乗り心地を実現したフィンシステムです。

その特徴ともいうべき点、フィンボックスとフィンがタイトに出来ているがために
フィンの取り外しに苦労することもあります。

 

▼注意点

フューチャーフィンは深さの異なる2種類のフィンボックスがあります。
「 f 」と表示のあるフロントサイド用が深く、「x」表示のセンター、
及びクアッドリア用が浅くできていますので、フィンを適当な位置に差し込んで下さい。

フューチャーフィンには深さが2種類ある

 

▼フィンがきつくて入らない時の対処法

フィンが入らない原因はフィン自体の問題フィンボックスの問題の2つございます。

  1. 1.ボックス内やフィン自体にバリやスクリューが出ていないか確認
  2. 2.他のフィンでも入らないか試してみてください。
  3. 3.他のフィンが入った場合は、入らなかったフィンをヤスリで少しづつ削って調整してください。
  4.    ※この場合、長さが入らない場合と幅が入らない場合で削る位置が異なります。(写真1,2参照)
  5. 4.他のフィンでも入らない場合、フィンボックスの穴にカッターを直角に当て、溝と平行に引きながら微かに削るか、
       ヤスリで調整してください。(写真3参照)
  6. 5.稀にグラッシング時に飛んだ樹脂が、フィンボックス内外に固まって浮き出ていることがございます。
      この場合はフィンボックスに入る大きさのマイナスドライバーで樹脂をこそぎ落としてください。
フューチャーフィン長さが入らない場合

<写真1>フューチャーフィン幅が入らない場合写真2>

フューチャーフィンボックスを調整する

<写真3>

 フィンボックスは柔らかなプラスチック製です、既に多くのサーファーが自身の手で解決されています。
ご自身の手でやりたくない方は返品も可能ですが、送料のご負担を頂きます。

 

▼フィンを取り外しできない時の対処法

フューチャーフィンをはずすにはコツが有ります。 写真で手順をご確認ください。

①フィンボックスの上下を足で固定して頂き、
1950321215523

 

②ネジ止め部分だけを赤矢印方向に、グッと引き上げてください。
S__1843230

ご利用ガイド